愛媛県の久万高原町にある小さな革工房です。イタリアやドイツの高級革を組み合わせ、オーダーメイドを中心に職人が一つ一つ心を込めて製作しています。時どき、気まぐれでオリジナル商品も作っています。ご来房の場合は必ず事前にご連絡下さい。


by 革工房 One loop
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

火造りナイフのケース

火造りのナイフを2本お預かりして、ケースとハンドルを製作させて頂きました。
d0248571_712779.jpg

大きい方で刃渡り30cm以上あります。小さい方はダマスカス刀です。
火造り、つまり日本刀と同じ製作過程で作られていますので峰の厚みだけで
8mm近く、非常に重量感もあり、当然ながら凄まじい切れ味です。
d0248571_7163858.jpg

峰の厚みと刃の鋭さがありますので、ケースも3次元的な考え方をしなくてはなりません。
d0248571_7182858.jpg

色々と思案した結果、峰の部分に革を挟み込み、厚さを稼いで縫製することにしました。
d0248571_7205823.jpg

こうする事で、刃にピッタリ適合する形になります。
この厚みを歪み無く縫製するのは中々に根気の要る作業です(笑)
断面を磨くとまるで木材の質感ですね。

今回の革素材はイタリアンレザーの「マレンマ」です。
ステアバイトのショルダー革は非常にコシがあり、たっぷり染み込ませた
オイルは、刃に発生する錆を防止してくれます。
日本的な刀品との相性を考慮して、糸色は「柿」にしました。

ナイフと一緒に末永くご愛用頂けますと幸いです。
ありがとうございました。
[PR]
by undesmarche | 2012-08-26 07:28 | 製作の綴り