愛媛県の久万高原町にある小さな革工房です。イタリアやドイツの高級革を組み合わせ、オーダーメイドを中心に職人が一つ一つ心を込めて製作しています。時どき、気まぐれでオリジナル商品も作っています。ご来房の場合は必ず事前にご連絡下さい。


by 革工房 One loop
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

twin pocket 2

昨日ご紹介したお財布の変形バージョンです。
d0248571_2254838.jpg

外観はしっとりとしたリスシオ、内部はブッテーロで仕立ててあります。
d0248571_22551626.jpg

こちらは内部にカードポケットを付けてあります。
d0248571_2256516.jpg

しかし、一番の特徴は、外部カードポケットの一つをコインケースにして、
それを分離することができる点ですね。
d0248571_22572147.jpg

ファスナーはエクセラの黒。
d0248571_22574398.jpg

ブラウン主体の優しいイメージの中、エッジを効かせることに黒いファスナーが
一役買っています。
[PR]
# by undesmarche | 2013-12-06 23:00 | 製作の綴り

twin pocket

少し変り種のL字ファスナーウォレット、外表に絞り出しのポケットが
2つ付いています。
d0248571_3572948.jpg

この2つのポケットは、カードケースになります。
外にカードケースを付けているので、内部は思い切ってシンプルにしました。
d0248571_359231.jpg

コインケースのファスナーは外ファスナーと兼用です。

カスタムオーダーで、内部の仕様も自在です。
外のカードケースは駐車券、サービスカードなどを入れ、内部に新たに
カードケースを作り、免許書やクレジットカードを収納するのも良いですね。
基本デザインがここまでシンプルだと、カスタムの想像も膨らみやすいかもしれません。
d0248571_414637.jpg

外ポケットのホックはイタリアのフィオッキを採用していますので、
フタはしっかり留まっています。

素材はドイツシュリンク、ブッテーロ、ririファスナー、 総手縫いの蜜蝋磨きです。


d0248571_445325.jpg

当工房の製作物にはどこかに必ず工房刻印を押させて頂いております。
それは当方で製作させて頂いた証であり、保証書のようなものです。
出所が不明となる事態に繋がる、「刻印をしないという前提の製作依頼」
は一切受付けておりませんので予めご了承くださいませ。
[PR]
# by undesmarche | 2013-12-05 04:12 | 製作の綴り

two‐tone Boston

40リットルサイズのボストンバッグです。
d0248571_55268.jpg

横幅55cm、高さ30cm、一泊二日で2人分の衣類が収納できます。
d0248571_55384.jpg

素材はドイツシュリンクレザー、ゴールドをメインに赤の差し色でコントラストをつけています。
d0248571_562827.jpg

サイドは立体を綺麗に保てるように中淵を設けました。
ファスナーはYKKエクセラの8番と、太めです。
d0248571_57664.jpg

今回はほぼ全工程ミシン仕立てにしました。強度を持たせるため、上下糸ともに
8番を使用しています。
d0248571_58728.jpg


ハンドルと補強のベルトはイタリアンレザーのミネルバボックスです。
様々な色の組み合わせで作るとバッグを持つのが楽しそうですね。
[PR]
# by undesmarche | 2013-12-04 05:11 | 製作の綴り