愛媛県の久万高原町にある小さな革工房です。イタリアやドイツの高級革を組み合わせ、オーダーメイドを中心に職人が一つ一つ心を込めて製作しています。時どき、気まぐれでオリジナル商品も作っています。ご来房の場合は必ず事前にご連絡下さい。


by 革工房 One loop
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:製作の綴り( 83 )

協賛出品

イタリアングレーハウンド愛媛っ子春オフin関西2012にて
当工房も、協賛出品させて頂きました。

見事当選されましたK様、おめでとうございます。
d0248571_24398.jpg

カラーオーダー頂いたオレンジがとても素敵なハーフチョークが仕上がりました。

使用した革につきまして、サンプルからオレンジを選んでもらいましたが
特別にサンプル革と同色で、かなりランクアップした革を使わせて頂いております。
イタリアンレザーのブッテーロです。
植物タンニンなめし、オイルレザーの風合いをお楽しみくださいませ^^
[PR]
by undesmarche | 2012-06-23 02:52 | 製作の綴り

カラフルな革トレー

革製のカラフルなトレーです。
d0248571_22392159.jpg

内装をカラフルで風合いの良いソフトレザー、
外装は、光沢と張りが特徴の「ガラス貼り革」で仕立てています。

d0248571_2240810.jpg


色数が多いとマカロンのようなお菓子に見えてきますね。
美味しそうです。
[PR]
by undesmarche | 2012-06-12 22:42 | 製作の綴り
ミネルバリスシオ 定番の半折財布です。
d0248571_11205924.jpg

カラーオーダーの際に、内部をオリーヴァとオルテンシアの
交互使い、左右非対称というご要望でした。
d0248571_11212310.jpg

リスシオは独特の落ち着いた風合いがありますので、色を混ぜても一体感がありますね^^
d0248571_11243218.jpg


後ろのお財布は、ブッテーロのキャメルとオレンジを合わせたものです。
同じく定番の形で、コインケースが内部に付いたタイプになります。

大変お待たせした上に追加オーダーありがとうございます。
[PR]
by undesmarche | 2012-06-11 11:27 | 製作の綴り

格子編みの首輪

格子編みの革で製作したハーフチョーク首輪です。
d0248571_0155949.jpg

革を編みこむ際は、ある程度の革の縮みが発生しますので、
微妙なサイズ調整をしながらの製作になります。

d0248571_0184572.jpg

お渡し後、早速この様な感じに付けて頂きました。
オーダーにいらした際に、革色の組み合わせに拘った甲斐がありました!
とてもかわいい感じでよかったです^^ありがとうございました。
[PR]
by undesmarche | 2012-06-08 00:23 | 製作の綴り
しぼり出しという技法で製作するカードケース、名刺入れです。
先日お問い合わせがあったものを掲載させて頂きます。

d0248571_1350242.jpg

イタリアンレザーを主とした植物タンニンなめしのヌメ革を、木枠を使いクランプで
締め上げながら丸1日かけて、この形を形成してゆきます。
こうする事によって、非常になめらかで美しい立体のラインに仕上がるんです。
もちろん縫製は総手縫いになります。

カラーは比較的自由にお選び頂けます。
ケース部分(キャメル、ヌメ、茶色、オリーブ、ターコイズグリーン、赤、黄色、オレンジ)

フタ部分とボタン色はお好みでオーダー頂けます。

オプションになりますが、革製のチャームなどを付けるのもお洒落ですね。

世界に一つ、ご自分だけのカードケースをいかがですか?^^
[PR]
by undesmarche | 2012-06-06 13:46 | 製作の綴り
三方ファスナーの長財布になります。
d0248571_10524348.jpg

一見するとシンプルな見た目なのですが内部は結構複雑な構造をしています。
d0248571_1053187.jpg

一般的な三方ファスナー財布は、「ヘリ」に沿ってファスナーを取り付けるのですが
こちらはファスナーを「ヘリ」の「内側」に仕舞うことによってすっきり見せています。
d0248571_1053575.jpg

予想以上に型紙作りに手間取り、頭をかかえながらの製作になりました(笑)
[PR]
by undesmarche | 2012-04-03 10:59 | 製作の綴り

イタグレ首輪 春仕様

突目縫いで縫製したお品物、完成しました。
イタリアングレーハウンド用のハーフチョーク首輪になります。
d0248571_1281323.jpg

若草色、青系の色のコンビ使いが爽やかですね。
もっと早くにオーダーして頂いていたのですが、結果的に今のシーズンに
ピッタリな風合いかもしれません^^;
d0248571_1295682.jpg


使用する素材によって色々な方法があるのですが、短毛のサイトハウンドの
首周りに傷がつかないよう、アタリが柔らかくなるへり返しの技法で仕立てています。

鎖はオールステンレス、金属の継ぎ目はロウ付け仕立て。
専門の製作所にて、フルオーダーで作ってもらっています。

大変お待たせ致しました。
[PR]
by undesmarche | 2012-04-01 01:38 | 製作の綴り

突き目、一針一針

柔らかい革を幾重にも重ねた粘りのある構造のものを製作中です。
d0248571_964260.jpg

一目ずつ、突き目をしながらの手縫い縫製。
d0248571_859712.jpg

立体的になるので、部分部分によって、縫いの締め付け具合を調節します。

ノブレッサカーフという、ドイツの革を使っています。
春らしい爽やかな色合いですね。何が完成するかはまた後日に^^
[PR]
by undesmarche | 2012-03-28 09:07 | 製作の綴り
こちらは、再現オーダーの小型ウォレットになります。
d0248571_2471411.jpg

以前使用されていたお財布と同機能、同サイズで製作させて頂きました。
モデルのお財布は、ミシン縫製、裏面は布張りでしたので、
内張りまで総革使いでの一定の薄さの実現と、手縫いでの仕立てに試行錯誤しました。
d0248571_2474834.jpg

メインの素材はイタリア、トスカーナからミネルバリスシオのオリーヴァとタバコ、
内張りやコインケース、一部のコバは、しなやかで丈夫な牛革を
極薄漉きしたものを使っています。
d0248571_2505853.jpg

コバは、溶かした蜜蝋で磨きこむ方法と、へり返しの技法を併せてみました。
私はこの組み合わせの仕立てを好んで使っています。
d0248571_318411.jpg

d0248571_2584660.jpg

リスシオ特有のしっとりとしたエイジングが楽しみなお品になったと思います^^
大変お待たせ致しました。
[PR]
by undesmarche | 2012-03-20 03:12 | 製作の綴り

乾パン

乾パンのようなiPhoneケースです。先の記事と同様の仕立てのもので、
素材が少し違います。
d0248571_54441.jpg


d0248571_551266.jpg


こちらのケースの素材は、無染色の牛ヌメ革です。
元々の素材は、キズや指紋などの「サビ」が付きやすく、扱いにくいのですが、
一枚革で仕入れた時点で革全体に馬脚油を塗り込み、天気の良い日に
日陰で影干しするなど、一手間かけて扱いやすく仕上げています。

そのため、乾パンのような色合いになってますね^^
革らしく、しっとり感も増しています。

オーダー主様には以前、同じ革素材で名刺入れを注文してもらいました。
d0248571_5145094.jpg

[PR]
by undesmarche | 2012-03-13 05:17 | 製作の綴り