愛媛県久万高原町の革工房One loop design worksです。イタリアンレザーを中心にオーダーメードの革製品を製作・販売しています。*旧タイトル:アン・デ・マルシェ綴り


by undesmarche
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カメラケース

先日製作途中だったカメラケース、無事に完成、依頼主に
お渡しできました。

d0248571_551599.jpg


白いステッチが爽やかですね^^
革は、当工房が主に使う「ミネルバリスシオ」をメインに、
レンズ立体部分と、底面は、より強度を持たせるためにイタリアンレザー
「マレンマ」を使いました。コシと強度を併せ持ったいい革です。


ケースを開けるとこんな感じです。内張り付きなので、クッション性もあります。
もちろん、カメラストラップを付けたまま、着脱できます。

d0248571_56848.jpg


決して速写できません。。シャッターチャンスも逃すかも?
でも、こんなカメラケースもいいでしょ^^
ゆったりした時間に大好きなカメラとお出かけ。そして特別な一枚を。
そんな想いになりたくなるケースです。

d0248571_571024.jpg


アンデマルシェでは、あなたのカメラに合ったオリジナルのケースを製作します。
ぜひご相談くださいませ。カラーリングも豊富に揃っていますよ。
[PR]
# by undesmarche | 2011-09-02 05:14 | 製作の綴り

こまあわせ

納期の迫ったお品を製作中の革作家510です。

オリンパスのマイクロ一眼レフ、「E-P1」専用のボディーケースを作っています。

何年か前に作った私物のDP2用ケースの造りを気に入って頂いてのオーダー。
レンズの部分が出っ張ってるのが気に入ってもらえたようで^^
d0248571_9204879.jpg

ご期待にそぐわぬよう、レンズ収納部分は同じ造りに。

この縫い方は、手縫い縫製ならではの方法で「駒合わせ」といいます。ミシンでは
不可能な縫い方で、通常の「平縫い」と比べて結構な労力と集中力が必要です。
d0248571_9232610.jpg


ボディーと蓋部分がバラバラに完成。あとはこれらを合体です^^
・・・気がつけば、殆ど駒合わせで縫ってました(笑)
しかも9本目打ちを使ってしまったので、手間も倍増!でも堅牢な造りになりましたよ。

d0248571_9251170.jpg


E-P1本体を持っていませんので、ダンボールを使った模型を作ってサイズを確認しています(笑)
カメラケースのオーダーがある時はいつもこうです。

もうすぐ完成。何とか納期に間に合いそうです!^^
[PR]
# by undesmarche | 2011-08-26 09:36 | 製作の綴り

工房の移転準備

アンデマルシェ製作部の工房アトリエを久万高原町に完全移転します。
総手縫いの革製品の製作についてはほとんどを久万の工房で
行っていますが、ミシン製作の方は、まだ砥部の6畳間で活動中です。

そんなミシン達も少しずつ久万高原町の工房にお引越しせねばならないのですが。。

私510の使うミシンはひたすら重いので、なかなか運び出す事ができず‥^^;

d0248571_3275024.jpg



残り3台、9月の前半には完全移送します!
腰が悪くならない程度にがんばります!(笑)
[PR]
# by undesmarche | 2011-08-24 03:36 | アン・デ・マルシェ